犬種の特性を知ったうえで飼う

お年寄りではこんなケースもありました。飼い主さんは70歳にしてまだまだ現役、専門学校でお花を教えているという元気なご婦人。その息子さんから、出張トレーニングの依頼がありました。犬種はレークランド・テリアで、生後5ヵ月のオスでしか。父親が亡くなり、ひとりになってしまった母親を気遣い、息子さんがプレゼントしたのだそうです。

しかしある日、いつものようにおもちゃで遊んでいて、もう終わりにして犬をハウスに入れようとおもちゃを取り上げようとすると、ものすごい形相でうなったのです。それを目撃した息子さんが、慌ててレッスンを申し込んできた、という経緯でした。

テリア種は、興奮のスイッチが入ると行動がかなり激しくなることがよくあります。フィールドでは優秀なハンターなので不思議なことではありませんが、お年を召した方と生活する上では、不必要な行動が出やすいことも事実だと思います。

飼い主さんの理想と現実が合わなかったことと言えば、柴犬の女の子『はな』(3ヵ月齢)を思い出します。飼い主さんは、なでようとすると嫌がって逃げるはなを見て、「犬なのにおかしいな」と感じていたそうです。みなさんはどう思いますか?

頭をなでられる、あるいは体にさわられるのがあまり好きでない犬は少なくないと、私は感じています。

飼い主はうれしくても、知らない人は嫌、というパターンもあります。

通常のレッスンやK9ゲームのチームでたくさんの犬たちと出会ってきていますが、誰にでもなでられるのが好きで好きで、という犬を思い出すほうが難しいです。その数は、圧倒的に少ないと思います。

とくに柴犬は、それなりの数を扱ったことがありますが、仲良しになれたとしても、なでられることを喜んでくれる犬はあまりいません。この件に関して、トレーナー仲間数人に聞いても同じ意見が返ってきました。柴犬を始めとした日本犬は、気安くなでられることを喜ばないことが多いようです。

私は飼い主さんに、自分の経験をもとに「柴犬はなでられること、とくに頭をなでられることを好む犬は少なく、どちらかというと適切な距離感をもって接するのが仲良くなれるコツだと思っている」と伝えました。それを聞いて、飼い主さんはとてもがっかりしていました。

飼い主さんとしては、いつもなでなでしてラブラブして抱っこできる、そんな犬との関係を望んでいたそうなのです。残念ながら……選ぶ犬種が違っていたかと思われます。

どの犬種だって飼えないものはないと思いますが、飼い主さんの望んだライフスタイルに合わせやすい、合わせにくいはあると思います。これから犬を飼う方は、まず犬種の特性をよく知った上で迎えてほしいと思います。ペットショップの店員さんは、それこそ良いことしか言わない人も多いようなので、気を付けてください。

いちばんおすすめなのは、実際に飼っている人を複数見つけて、その犬種について聞くことです。オフ会などに参加させてもらって、話を聞いたり、実態を観察するのもとても良いことでしょう。

実際、欲しくて欲しくて夢にまで見たという、○○テリアのオフ会を見学に行った人が、実際の様子を見て飼うのを再検討することにしたということもありました。「○○」については、今ここでは伏せておきます(苦笑)。